FC2ブログ

記事一覧

今日も日本の秋風を感じます

少年時代の僕は、かなり普通とは違っていて、英語の世界のなかで育ってきたから、日本語よりも英語の方がずっと楽だった時期でもあり、はい今日から日本語による授業ですと、日本の学校であるから当然だが、いきなりそう言われても困ってしまいますね。学校も、近所の人も、子ども達の集まる駄菓子屋でも、どこへ行っても日本語だけの世界で、英語がまったく通じないという、なんとも不思議な国に来てしまったように感じた。日本の...

続きを読む

彼女が泣いた夜 4

結局僕は、自分が関係をもった女性の清算も一人で出来ない、情けない男だった。僕にセフレが何人もいたことを知って、さぞ妻は幻滅したことだろう。高校時代の、まだ少年のあどけなさが残る自分の姿は、もう遥か彼方へ消えてしまっているように思えた。僕は・・、どうしてもその警察官である女性と決別することができなかった。セフレでもいいから傍にいたいと言う彼女。まさか、そんなことを承諾するわけにはいかなかった。そんな...

続きを読む

今日からまたGo to

本当は9月でGo toは終わりにするつもりだった。ところが背後から追い風が吹き、またまた旅行をenjoy中・・。渋滞&満室がネックなので、今回は平日にGo to遊び過ぎだろうか。しかし、これだけ旅行してもタダというのは、世の中絶対におかしい。僕が社長だったら、こんなおかしいことはやらないけど、まあいいか。今日は風もなく穏やかな小春日和だった。お昼は妻が作ってくれたおにぎり。ときどき感じるバラの香りが、最高のスパイ...

続きを読む

コロナに感染して ⑤ 鬼畜米英

取引先の周辺でコロナが発生した。今日会うはずの彼は、感染者ではないものの、濃厚接触者として自宅待機を余儀なくされている。そんな事態になる度に、ああ・・。と、瞬間的にまだ思うところがある。普段、記憶の彼方にあって、思い出すこともない、今では笑い話になっている自分の過去が蘇る。それは僕は少年の頃、イジメられていた。 という記憶だ。どちらかというと、覆い隠してしまいたいことであろうが、その反面、心の奥底...

続きを読む

星条旗、というもの

そのとき、世界中の人がそうだったであろう家族も友達も近所の人々も、テレビに釘付けだった。1969年夏のある日、街中が歓喜の渦。大騒ぎになった。翌日の朝、学校へ行くと、いたるところに星条旗が掲げられ、教室では国家が流れた。こんなに嬉しいことは、日本が降伏して世界大戦が終わって以来だと耳にした。僕たちは、多分、誰ひとり意味はわからないであろう国家を歌った。そして、学校では アメリカ万歳!一色だった。世界一...

続きを読む

またまたGo to

ほんの少し前に撮った、今の僕たちの姿思えばgo toも、さりげなく日常となった。今夜は温泉に入って星を眺めて過ごす。あす、ゆっくり帰れば渋滞もなく快適にドライブできるだろう。そして妻のおしゃぶりも。。さあ。宿に帰るとするか。...

続きを読む

南アフリカに乾杯したその後

久しぶりのラブホライフだった。あらかじめ買っておいた南アフリカのシャルドネで乾杯「また1等当ててね」僕は冗談のつもりでそう言って、ルーレットのボタンを妻に渡して洗面所へ向かった。顔を洗っていると、妻が大声で叫んだ。最初は何を言っているのかわからなかった。今度はハズレだったんだろう。そんな風に思ってベッドルームに戻ると、当たっていた。(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ- また1等。これはヤバい。何というクジ運の強さなんだ...

続きを読む

フィンランドからの贈り物

一度目にこの話がきたとき、その値段に驚き、到底手に入れることは出来ないとあきらめてしまったもの。しかし、一目惚れしてしまってからは、あの時決断しなかったことを後悔する日々だった。だから再びこの話が舞い込んできたときは躊躇しなかった。我が家にフィンランドから照明器具が届いた。これは20世紀初め、フィンランドの建築家が作った照明器具。一枚の真鍮から作られて、手が震えるほどに完璧な手触りだ。内部は白に塗装...

続きを読む

南アフリカに乾杯

僕が10代の頃、同じクラスメイトに名前を思い出すことができないが、多分、マーシャと言ったかな。違っているかもしれないが・・。とても綺麗な女の子がいた。彼女はフランスからの移民の子。金髪で目が透き通るようなブルーの瞳をしていた。僕はどういう理由か、彼女と仲良くなり、家にもよく遊びに行っていた。ある日彼女の自宅で、はじめて拳銃というものを見せてもらった。そして庭で、彼女のお父さんは実弾を撃ってみせてくれ...

続きを読む

Go to sex その2

続きを読む

アフターコロナ

つい数ヶ月前まで、外出自粛だった世相から一変。やれ旅行に行け、遊びに行けと圧力がかかる。世間は180度方向転換してしまったようで、この変幻自在の事態についていけない。最近は軒並み懇親会が企画され、忘年会も例年どおり実施。そして休みに家には居るなと、旅行に行った証拠の写真の提出まで求められる始末。とにかくお金を使って経済を回せ、その先人をきれと、それ自体、けっして悪いことではないが、おいそれと心底喜べ...

続きを読む

Go to

早朝の時間が終わりつつある頃、空気は爽やかに鼻の穴をぬけて肺まで届く。空気の香りも、微妙に、でも確実に、秋の気配を感じさせるものがあった。果てしない頭上の天蓋は、顔をあげたとたんに吸い込まれていきそうな青い空間を保っていた。大地に生えた芝生。さえぎるものがない空間が、陽の光と交差するするときに発するあらゆる香りがひとつとなり、そして大地の香りとして融合されていく。天空にひろがりゆっくり流れるウロコ...

続きを読む

彼女が泣いた夜 3

その女性は、今までには経験したことのないタイプだった。女性でありながら警察官という希な立場。そんなことが影響する何かがあったのかもしれない。とてもサッパリした、どちらかと言うと、男性っぽい性格の女性で、それに僕との関係がたとえ終わったとしても、一切引きづらないと断言していた。だからまさかあのような泥沼になってしまうとは、夢にも思わなかった。「わたしは都合のいい女でいいからね」「寂しいときは、いつで...

続きを読む

コロナに感染して ④

コロナに感染して以来、よく思い出すことがある。僕は少年の頃、学校が大嫌いだった。僕はイジメられていた。だから日本の小学校6年間で、多分、ほとんど学校には行ってなかったと思う。学校には行かず、漁船に乗せてもらい、沖まで出て冒険する日々。そして家では英語の本を読んで過ごす。近所の人から、小学生のくせに英語が話せる変わった子ども、と言われていた。一緒に遊ぶ友達は、学校のクラスメートを中心とする女子が多か...

続きを読む

夫婦喧嘩

「いま。小田原を過ぎたあたりだ」と妻にラインした。早く帰って今夜は妻に甘えたい。そんなことばかり考えているから、勃起しながら新幹線のなかにいた。ちょっと遅くなったな。そう思って自宅に着くと、妻はすでに寝ていた。あまりにスヤスヤと気持ち良さそうに寝ていたものだから、妻を起こさずに、そのまま寝かせておいて今夜は我慢することに・・残念だけど・・仕方がなかった。でも、いきり立ったペニスのせいで、なかなか眠...

続きを読む

彼女が泣いた夜 2

その空港での出来事の後、さっそく僕は行動した。当時はラインなどなかったから、メール、それから直接電話したり、どんな理由をつけたのかは忘れてしまったが、多方はすんなり別れることが出来た。そしてあまりの数の多さに、あらためて自分のだらしなさを痛感した。ひとつだけ自分を弁護するとしたら、積極的に自分から求めたわけではなく、ふと気がつくと、また一人増えて・・といった感じで、自然体にそうなっていた。というこ...

続きを読む

彼女が泣いた夜 1

妻と再会した当時の僕は、とてもだらしがない生活をしていた。学生の頃からの流れで、セフレが常にいた。しかも1人や2人ではなかった。彼女とこのまま・・ 当時の記憶のなかで始めるには、僕の取り巻く環境があまりにも違い過ぎた。こうして彼女と会って、食事して、今までの話をして、楽しかったど、そんなことをする資格のない男だった。しかしそんな事実を・・・僕は話してなかった。いや、話せなかった。尾道のバーで呑んだと...

続きを読む

月の流れから遠く

これは2階のテラスから観た月。せっかくだと思って、ゆうべ撮ってみた。しばらく眺めていると、目が慣れてきて、こうした都会の中でもチラホラ星も見えてくる。僕の自宅から月まで、およそ38万キロ。ただ38万キロといっても、なかなかピーンとこない。う~ん。たとえば僕の車で時速100キロで月に向かってみる。すると5ヶ月あまりで月に到着する計算になる。う~ん。なんとなくイメージが出来てきた。実際には月まで行く道路はない...

続きを読む

2000万円の新車をキャッシュでポン

僕は車には詳しくない。そして興味もない。だからディーラーのセールスマンに言われるがまま、半年前にまた新車に買い換えたばかりだった。今の車だって、身にありあまる機能と仕様があり、僕たちにとっては十分すぎる。僕にとって車は、単に移動するための手段であって、その目的のなかに、いかに快適にという付加価値への探求は若干あるものの、だからといって、車に対して時別な思いもこだわりもない。それに対して、妻の周辺に...

続きを読む

Go to sex

今日で9月もおしまい。思えば、今月はずっと旅行していた。でもキャンペーンの対象外なので、割引はまだ受けていない。それなら、今月のシメにGo to sex といこうか。そんなキャンペーンはないけど・・。ラブホライフもしばらくしてないし。そんなわけで、とりあえず乾杯!「今度はどこへ行く?」「えっ、また行くのか?」「だって、私達も割引してもらいたいじゃん・・」スマホでいろいろ物色したが、さすがに1400万人が一気に解...

続きを読む

またまたGo to !

来週から都民の大移動が始まるため、僕たちはGo to 納め。知人の個展を鑑賞をするために出かけた。しかし、9月はすべて旅行しているのだから、さすがに疲れた・・本音。Go toに参加して感じたこと。2つ。1つは、これから感染が拡大するんだろうな・・ということ。何処へ行っても人で混雑していて、「三蜜・・」はただの号令にしか過ぎなくなってる。この密集ぶりで感染拡大しなかったら、逆におかしい。もう1つは、正解はないとい...

続きを読む

9月24日 アイスコーヒーを飲みたくなった日

連休明けの週はキツイ。楽しかったGo toの残像を引きずった喪失感の中、社内の空気は重く混沌としていた。僕は思い切って外へ出た。行く先の途中に、妻がいるオフィスがある。まだ時間はある。ちょうどアイスコーヒが飲みたかった。いやそれよりも、何の理由があるわけではなく、妻とキスしたくなった。妻がいる雑居ビルの差し向かいの立体駐車場に車をとめて、電話をかける。ラッキー。ちょうど誰もいないらしい。「どうしたの?...

続きを読む

日本の水を飲んだ日

どういう理由か、モザイクソフトが起動しない。まあいいか。そんなわけで今日の日常のスナップ。それにしても、何処へ行っても人混み。トイレも行列、地元の蕎麦店も長蛇の列ホテルの部屋も満室先週の旅行とは様子がガラッと変わったこと強く感じた。世は感染前の姿に戻ってきたように思う。そんな中でも、都会とはまったく違う清々しい風を感じて、僕たちは穏やかに過ごすことができた。目の前に流れる清流は冷たく透き通っている...

続きを読む

昨日から、またまたGo to&【お久しぶり動画】

やっと東京もキャンペーンの対象に・・。そーなると混むから、その前にとGOGO(;゚Д゚)!しかし、どこへ行っても混んでます。しかも東京から来てる人ばっかり。理由を訊くと、大した割引はないし、キャンペーンが始まると混むから・・・。なのだそうだ。みんな考えることは同じだ。今回は自粛期間中という世に従い、あれこれ写真のアップも自粛。その代わり、僕たちの動画を。予定は2~3本こちらの窓で公開します。予告なくアップ&削除...

続きを読む

映画を観た日

仕事帰りに妻と映画を観た。「ミッドウェイ」という太平洋戦争の映画だ。B級映画としての悪評は正しいように思えたが、まあ、それなりに娯楽作品として楽しめた作品だった。それにしても日本軍の暗号は、いとも簡単に解読されていて、情報が筒抜けになっていたのだから勝ち目は薄い。当時の日本軍は、もし解読されて待ち伏せされていたら、全滅になってしまうとは考えなかったのではないのか・・と不思議に思った。ところで、今の...

続きを読む

秋の気配を感じた日

新鮮な陽射しのなかを、コスモスの花の香りのする風が吹き抜けていく。そのとき、僕たちは何の用もなくいた。ただ、いた。秘密基地気取りで、背丈ほどあるコスモスの群集なかで過ごしたり、木陰に入って遠目から眺めたり、すると秋の虫がジィージィーと鳴いているのが聞こえた。そんな静かな午後だった。...

続きを読む

ほろりと星がみえて正解

高原でゆっくり流れる時間。陽射しがあっても、日陰にはいると風がひんやり心地いい。今回は星の撮影に初挑戦。1日目は雨。まったく無理だった。2日目、雲の合間からようやく少しの間、星が見えた。画像は明け方に撮ったもの。だから東の空がほんのり明るくなってしまっている。星が見えるのは、ほんの10秒あるかないか。そんなあっという間のチャンスしかないのに、シャッターは20秒間開けっ放しだから、なかなかタイミングが合わ...

続きを読む

やっほー

子どもの頃以来です。やまびこヤッホ~👋😃皆さんに聞こえましたか...

続きを読む

またまたGo to

まるでキャンペーン対象者のごとく、またまたGo Go!明日からふたりで避暑地へ Go Go!今度は携帯の充電器を忘れるな!寒いからセーターも!準備は終わった。あとは天気がいいと言うことなし。もし天気が良ければ星の観察をして、写真を撮りたいと思う。ワクワク(o^^o)...

続きを読む

新橋の焼き鳥屋へ いざ。

コロナ対策で、今日は一日翻弄された。あっちのモノをこっち。こっちのモノをあっち。重たいダンボールを何箱運んだことか。あー疲れた。普段使っていない筋肉を使ったので、明日は筋肉痛じゃないかな・・。コロナは運動不足解消に大いに役立っている。昨日は、一等を当てた流れで、ペニスの筋肉は大活躍だった。僕のペニス、妻のまん子。仲良しして過ごした一日だった。不思議だ。こんなに身体がへばっているのに、今日もしたいん...

続きを読む

1等が当たった日

今日行ったラブホは、部屋に入るとルーレットが回る。ストップを押して景品を狙うゲーム。いつもはハズレか、せいぜい4等ぐらいだった。ところが今日はまさかの1等(°д°)「やったー(*≧∀≦*)」と喜ぶ妻。「マジかよ!すごいじゃん」で、景品は?1等って何だ?○○温泉旅行 ペアー無料招待券。これだけGo to キャンペーンに参加してるのに、僕たちは対象外だったから、たまにはいいことあるもんだ。というわけで、次のゲームは、朝から...

続きを読む

作戦会議 ③

続きを読む

9月5日。今日の日記

土曜日しか営業していないカフェ。それも土曜日の昼間だけ。それでどうして店の経営が成り立つのか不思議に思うが、妻のススメでふたりで行ってみた。一週間に一度だけ、しかもこの時間だけの開店であるのに、お客は誰もいない。僕たちと、店の入口付近で気持ちよさそうに昼寝する猫だけだった。僕は飲食店へ行くと、お釣りは受け取らないというクセがついていて、お店の人に、「お釣りはチップです」と言って店を出ると、駐車場ま...

続きを読む

時間という収容所の入口 ③

僕がカリフォルニアに住んでいた頃、街を走る公共のバスはすでに電気で走っていた。バスに乗り込んでくる身体障害者のために、車椅子のまま乗り込めるよう、車体が低くなって歩道に向かってバスが傾いた。そういうことが社会のなかで普通にあるということは、まさに底力だよ。ニュージーランドのバスの話をしよう。美しい公園のなかに住宅があるような街の路線バスの停留所で、バスを待っていたときのこと。ひとりのお母さんがベビ...

続きを読む

時間という収容所の入口 ②

僕は大学を出たことになっているけど、あれは大学でもなんでもない。すでにハッキリわかっていて、これが最高学府だなんて大笑い。あらゆる意味でスラム。いやゲットーだ。大学って、企業の新入社員養成所だと思っていたけど、さらに今は質が低下して収容所だとも思う。僕は大学での勉強は、本当の意味で何もしていない。社会に出ても役に立たないし、誰もが皆そんなことを承知の上で、形式的な役割を演じているだけ。僕は早稲田大...

続きを読む

時間という収容所の入口

今日は久しぶりに、高田馬場駅で降りた。実は僕はこの駅で降りて大学に通っていた時期がある。駅を降りてあたりを見渡すと、一見したところあまりの変わりようにびっくりするのだが、落ち着いてよく観察してみると、昔と何も変わっていないことに気がつく。道路の幅は同じ、歩道の幅も同じ、そしてびっしり建て込んでいる建物も同じではないか。昔は2階建ての小さな建物、それが今は建物の面積は変わらないまま、4階、5階、といわ...

続きを読む

前記事、証拠の写真

前記事ではたくさんのコメントありがとうございます。本来であればタイムリーにコメ返ししたいところですが、暑さと移動にかまけて、「なるほど!」と思うコメントにもサボってしまいました。こんなコロナ禍でも、ちょいちょいアクティブに活動中です。確かに、ヤマメのようですね。ググって鮎とヤマメの違いを調べてみると、確かに・・。するどい指摘!水色のブラ。。僕にはわからなかったけど、後から他の写真を見ると、これもズ...

続きを読む

鮎つかみ

避暑地で過ごす休日。とあるテーマパークで鮎つかみを体験。無邪気にはしゃぐ妻。まるで少女のような笑顔をふりまく。えっ、また1匹。たちまち2匹ゲット。やったね(・∀^👍)**·゜✨こんな楽しそうな妻を見ていると、僕まで幸せな気分になる。不思議だ。その時僕は勃起していた。今夜、この女を串刺しにして犯す。そう思いながら妻を見る。捕まえた2匹の鮎は、係りの人が塩焼きにしてくれた。さっきまで生きていたのに、残酷だな・・...

続きを読む

カメが交尾した日

出張なかび、突然訪れた休日。コロナ対応だから仕方がない。・・・というわけで、妻と過ごす休日になった。コロナ君ありがとう(笑)朝から冷やしタヌキ。開店前から大勢の人が店の前に並んでいた。感動的なうまさ(゚o゚;; 絶品!満腹になったところで、水族館へ。レンタカーのナビが嘘つきなので迷ってしまい、辺りをウロウロ。それでもなんとか目的地へ。へぇ~ なんと(゚o゚;;カメが交尾していたので激写。暑い中、やることはちゃ...

続きを読む

出張

今回の出張は気が乗らなかった。それは熱中症の前触れ?と思われる感覚が度々あったからだ。あれからというもの、夏はペットボトルの水を常に形態していないと安心できなくなった。早く夏が終わってくれないかとさえ思う。ちょうどこの仕事の予定が入ったとき、その日のニュースで、国内で一番暑い都市だと・・あー、まじか|д゚)それを聞いて、ますますテンションが下がった。でも、しかし、だけど、今回は妻と一緒だ。誰もいないホ...

続きを読む

作戦会議 ②

作戦会議・・目の前にご馳走があるのに、もう我慢できない!...

続きを読む

猛暑の中、買い物に出かけた日 (取るに足らない日常)

今日はこの猛暑の中、買い物。冷蔵庫の中が品薄となってきたので、暑いけど買い出し。お目当ての成城のスーパーに着いたのは午後だった。我が家には、冷蔵庫の他に冷凍庫がある。その2台がほぼ満タンになるほど買い込んできた。車に食材を積むのも一苦労。汗だくになる。買い物も重労働だな・・。持ってきたクーラーボックスがいっぱいになった。帰りに甘いものが食べたいと妻。たしかあの角にデニーズがあった。そこで桃パフェを...

続きを読む

ラーメンを食べた日

夏はこれだからいい。まだ早い時間に会社を後にして、妻と待ち合わせの場所へ。午後6時。まだ明るい。今日はあの店で食べよう。そう決めていた。そこは都内でも長蛇の列ができるほどの人気店。しかし、コロナ感染者が出てしばらく閉店していたのだ。店に着いた。誰も並んでいない。店内に入った。誰もいない。普段なら、開店と同時に満席となって店の外まで並んでいるが、客は僕たちだけだった。「今まで食べたラーメンのなかで一...

続きを読む

ふたつの怒れること ②

こうした記事を書くと、ある日突然、逮捕される。世界じゅう、どこにいても、どの国の国民あろうと関係ない。中国の法律で処罰される。最高は無期懲役。おおよそ文明社会とは思えないこの法律に、黙っている国のなかに日本がある。「遺憾である」とコメントしたに留まるのはいかにも日本らしい。そもそも、日本にいて中国を非難すると逮捕されるとはおかしな話だ。中国へ送還されて、まともな裁判はなく有罪。そして刑務所。場合に...

続きを読む

作戦会議 ①

「ねえ、沖縄は?」「今はヤバイだろ」「私たちはコロナ関係ないよ」「うん、そうだけど暑いし、涼しいとこがいい」「じゃあ、北海道にしようよ」そんな会話で始まり、2台のスマホを駆使して次なる旅行の計画。朝からワインでツマミは妻。今日は作戦会議 at ラブホ...

続きを読む

日本語の外へ

かつての香港のビジネスパートナー、その何人かは母国語の他に英語やその他もう1カ国語をはなすことができた。だから香港のビジネスマンは、日常的に外の情報を耳にし、グローバルスタンダードの世界のなかでいきている。そろそろ教育を。このまま教育を変えないと、日本は大変なことになる。これは日本語の限界と弊害というもので、資源のない島国であるがゆえ、世界のマーケットを相手にしないと生きていくことができないことを...

続きを読む

ふたつの怒れること ①

ふたつの怒れること。まずひとつは今の香港。もうひとつは感染者差別だ。数ヶ月前のあの日から、差出し人不明の脅迫状が届くようになった。今はというと、これだけあちこち感染拡大しているので少なくなった?いや来なくなったのかもしれない。だいたい、キチンと名前を明記していないのだから卑怯。だから脅迫状なのだ。内容はというと、近隣の人に迷惑をかけた。謝罪しろ。会社を閉めて業務をするな。そんな内容だった。同じよう...

続きを読む

暑中見舞い

暑さ対策に妻の姿で癒してくださいませ。余計熱くなるかもですが・・朝からやる気をそがれるこの暑さ。庭の雑草を・・と、思っただけでやる気なし。朝から30℃。これはたまりませんね。近所の飲食店でコロナが出て、消毒作業に大わらわ。世の中、元気がいいのはコロナウィルスとこの猛暑だけだ。ひとつ付け加えるとすると、僕のペニスも猛暑に関係なく元気がいい。僕にとって、コロナよりもこの暑さによる熱中症の方が怖い。僕の2度...

続きを読む

お見舞い

コロナで自宅療養中の部下のお見舞い。スイカが食べたいというので、ちょうどスーパーにあったのを思いだし、購入後、彼の自宅、埼玉まで。蒸し暑い・・ベトベトに、気温というより、このべトべト感はやだね・・蒸し風呂にいるようだった。自宅療養中と言っても、コロナを克服し陰性が出て退院。一時は復帰したが、肺と心臓をやられて来週から再入院の予定。彼は感染から今だに・・・、今度は後遺症との闘い。呼吸がうまくできなく...

続きを読む

プロフィール

ken&はな

Author:ken&はな
はじめまして
1962年生まれ。現在57歳の仲良し同級生夫婦です

カテゴリ

フリーエリア

:

オンライン

現在の閲覧者数:

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
275位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
9位
サブジャンルランキングを見る>>