FC2ブログ

記事一覧

コロナに感染して

コロナに感染した人は、同じような気持ちを経験しているだろう。

「コロナはリトマス試験紙」とも言われ、
今まで薄々はわかっていたけど、今更、事を荒立てる必要もエネルギーもないので、
放置していた不都合な人間関係が、この期に一気に表面化する。
社会による感染者叩き。
あるいは感染のリスクが高い医療従事者への偏見。
コロナを通して、人間の本性が見えてくる。
僕は感染してから、たくさんのことを感じた。
そして人としてのあり方も。
ほとんどは反面教師としなければならない事象だが、
ほんのひと握りだけ、立派に気高く振舞う人がいる。

僕の会社で、次々と集団感染が始まった。
抗体検査では、僕の部の6割以上の社員が抗体を持っていた。
抗体があるということは、どういうことか。
少なくとも、一度はコロナに感染したということなのだ。
都の一日の感染者は100人・200人程度。
そんなわけはあるまい。
実際はその何十倍もいるはず。
僕たちも、その感染者の人数には入ってないのだ。

よく覚えておくんだ。
感染者を入店拒否している施設・店
そして人。
正体見えたりだ。

感染者といっても、過去完了で抗体がある。
言い方を変えれば、一番安全な人間であるはずなのに。

世間の冷たい風のせいで、社内に戻るとホッとする。
ほとんどが感染者だからだ。
社内にはコロナを恐る空気はない。
日々、周りに感染者がいるので、感覚が麻痺しているのだろう。
僕たちにとって、コロナウィルスは身近な存在で、まさしくwith コロナなのだ。

不謹慎かもしれないが、どんどん感染が広がってほしいという気持ちがある。
社員も同じことを言っている。
世間のコロナ感染者も同じように思っているだろう。
感染が広まれとは、何事だ!と言われてしまいそうだ。
確かにそうだろう。
これは自分自身が感染しなければわからない感情だ。






スポンサーサイト
[PR]

コメント

共感します

Kenさん

共感します。
コロナ感染ではなかったので、Kenさんたちの大変さとは
異なると思いますが、2月から4月末までの米国出張で
似たような経験をしました。

2月は米国よりも日本の方が危険地帯ということで、アジ
ア人を見ると扉が閉められたり、日本人が近くにいた
からコロナに流行ったというクレームメールが来たり・・・

さらに当初は2月と4月にそれぞれ短期で2回出張予定
が日米ともに再入国できないリスクがあるため、帰国せ
ずそのまま残れと指示され、出張チームの緊張感が
高まる中、現場責任者として安全確保や移動確保の
ために動いているにも関わらず、適切な情報が日本から
届かずやきもきし・・・

帰国したら帰国したらで、感染者扱いされ、家族はじめ
近隣の方からも距離を取られました・・・
(米国では、緊急事態宣言もあったため、出かけないよう
にして業務を進めていたので、ほぼ隔離生活を1か月
続けたうえに、PCR検査陰性かつ隔離帰還2週間を
過ぎたにも関わらずです・・・いやいや完全に我々の
方が日本よりかなり気を付けた生活をしていますよ
と・・・)

周りとの関係も微妙な空気が流れていて気分が
全然上がりません・・・

こういう事態だといろいろなことが見えてきますね。

医療従事者ですが、その考えは、、、

コロナの功罪

おはようございます こちら朝からカッコ-が鳴き曇天です
一昨日京都の後輩より雨の見舞い連絡があり懐かしく有り難かったです 今は在宅でテレワ-クだとの事(現役時には考えられない事になっていました)本人は最初は無理と思っていたが 慣れれば以前はなんと無駄ばかりとの事でした永守さんが言っておられるようになってきました⇒まだまだ変化する事でしょう ●子供たちの近くの学校で多くの感染者との報で いよいよ かなっと思っています この件のコメントはとても難しいです

No title

僕も共感します。
大して重症化しないで、2度の検査をして陰性だったので退院することができました。
でもでも、職場でも、近所からも冷ややかな目を感じます。
ロッカーに、もう会社に来るな!って手紙が入れてあり、社員一同みたいな。
つまはじきにされてます。
自宅には、町から出て行け!の貼り紙が貼られました。
みんなコロナに感染してしまえと僕も共感します。

No title

おはようございます。
我が町でも、「患者狩り」みたいなことになってます。
家にスプレーで落書きされているのを見ました。

No title

先月、退院したパートさんがいました。
結局、職場復帰も叶わず、
いろんな理由つけられて、退職まで追い込まれました。
コロナにかかったら、職も失うのが現状だと思います。

No title

日本の人は、皆同じにしようとします。
同じではない人はイジメられます。
だからコロナの人は、イジメられます。
日本の人は、その国民性です。

No title

こんには。
コビット-19 感染騒動でいろいろなこと
起きているのですね。
疫病に限らず 病いを患ったことで 仕事にも
人間関係にも 大きな 変化起きるものです。
重要なことは 偏見や差別することなく
普通に接することが 大事なのでは、、、

No title

>周りとの関係も微妙な空気が流れていて気分が
全然上がりません・・・

テツさん、そう。それなんです。
その気持ち、わかりますよ。
感染していない社員ですら、周りから阻害されています。
これが感染者になると、またワンステージUPします。
NYの友達は、東洋人が近くにいることを嫌い、
「Stay away!」とよく言われるそうです。
日本人だけでなく、アジア人全部がウィルス扱いだとか・・。
大変なときに、米国出張行かれたんですね。
お疲れさまでした。



No title

魚さん
確かにそうですね。
でも、ここでは思ったことそのままでいきます。

No title

ron さん
うちのヒナたちも巣立っていきました。
巣は空家になってます。
とたんに静かになりましたね。
ちょっと寂しいような・・

No title

こんにちは!
僕もコロナウイルスより
世間の誹謗中傷が怖い。

No title

中山 さん
感染者の多くは、同じ体験をしています。
このままでは自殺者はもっと増えそうです。
今、アメリカではヘイトクライムが急増していて、
アジア人に対する暴行、殺人が横行しています。
それに対する集会がカリフォルニアで開かれているほどです。
被害は小学生の子どもにまで広がっていますよ。

中山さんの事例は世間的には酷いですが、
よく聞く話でもあります。
それがその人の本性なんですよ。正体。
それがわかって良かったんじゃないですか。
「あなたもいつか、感染するんですよ」そう言いたいですよね。早いか遅いかの違いだけで、いつかは感染する。自分だけが逃げられるなんて思っているのでしょう。
中山さん。元気出して。そんなくだらない人達とはバイバイしてくださいね。




No title

ヤス さん

「患者狩り」とはこっけいですね。
早くその人もかかって狩られてください^^

No title

らら さん

お久しぶりです。
コロナに感染してクビ。
全国でそうしたケースが後をたちません。
なんとまあ、従業員を道具にしか思ってないんでしょう。
国もそうしないように訴えてますが・・・。
弁護士も不当解雇だと言ってます。

コロナのおかげで、見えなかった景色が見えてきますね


No title

イ.リ.ヒョ さん

なるほど。
人と同じでなければ叩かれる。
僕は身をもって体験しました。

No title

諭吉 さん
ひとかどの人間でも、気高く立ち振る舞いたくても、感染が怖いという気持ちがあるのでしょう・・。


No title

ちゃる さん
実はコロナより、人の貧しい気持ちの方が怖いです。
PCR検査で、陽性になった人の中には、そのまま逃げてしまう人がいます。それって世間からのコロナ患者叩きが怖いからなんですね。

なかなか 正直難しい話ですね。
綺麗事では、片付かない。
でも 嫌なものは嫌だと遠慮なしで言い、 攻撃しがちな日本人になりましたからね。

友人は、医療従事者のお子さんを一手に集め 10人もの子供達に素敵な食事 時間を与えていました。 誰にも言わず。

友人でいられることを誇りに思いました。
人は そうあるべきだと。

弊社にもついに

弊社にもついに、感染者がでました。
濃厚接触者と思われる方もPRC検査。
ま~出たとわかれば、外部から、内部なら、あれやこれやと。。。批判、バッシングだらけ


私も、不謹慎だけれど、けんさんと同じように、もっと広がってって思う。
したら、弊社への批判、バッシングが無くなると思うと。。。

そもそも、一人、無症状感染者がいる時点で、ネズミっこのようになるのは当然のこと。
どこかの政治家が言ってましたが、10人となれば、終息するとか。。。 馬鹿じゃねーのって思いました。

いつ、自分が感染するか時間の問題です。
すでに感染してる可能性もしれませんが、出来るだけ移さないように、やるべことはやるしかないです。マスク、手洗い、3蜜

愛する人との密はしたい~ 濃厚接触に(笑

キスしたい~~~~~ ディープしたい~~~~~

No title

ここにきて、感染拡大の兆しですね。
周りにポチポチ感染話が出てきました。
一番身近で、妹の旦那さんがかかりました。
いつかは自分もかかるんだと覚悟しなきゃいけないなです。
毎日、通勤の電車🚃が恐い!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ken&はな

Author:ken&はな
はじめまして
1962年生まれ。現在57歳の仲良し同級生夫婦です

カテゴリ

フリーエリア

:

オンライン

現在の閲覧者数:

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
252位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
10位
サブジャンルランキングを見る>>