FC2ブログ

記事一覧

2ヶ月感染者ゼロ


かれこれもう2ヶ月以上、社内から感染者は出ていない。
無症状の者もいるかもしれないが、表面上はゼロ。
う~ん。どうしたんだろ・・。
それ自体は大変良いことなのだが、なんだか不気味な感じさえする。
嵐の前の静けさだろうか。
それとも除菌マットを導入したことが良かったのか。
そう言えば、あらゆる場所にこのマットを敷いてから、感染者は出ていない。
単に偶然かもしれないが・・。

欧米に比べて日本が感染拡大をしていない理由のひとつに、
靴を脱いで家に入る文化があるということがある。
靴の底にウィルスが付着して、靴と一緒に移動する。
僕にはちょっとピーンとこない話だ。
だって、いくら靴の底にウィルスが付着しても踏んづけるわけだ。
ウィルスは踏みつけても生きているのか?という素朴な疑問が僕にはある。
事実どんなに対策をしても、二度にわたり集団感染しているわけだから、
考えられることは全てやろう、というわけで導入した。

しかし、しかしだ。
靴底にコロナウィルスが付着するのはわかる。
それが踏みつけても生きていることが事実とするなら恐ろしい。
世界最強の生物と言っていいだろう。




スポンサーサイト
[PR]

コメント

なるほど!そういう考えに行き着くわけですね!

今日は時間があるので解説致しましょう!
そもそもウイルスというのは遺伝子の断片であるRNAや遺伝子そのものであるDNA等がカプシドに包まれているもの、もしくはスパイクつきのエンベロープに包まれているものを示します!
はい、ここまで読んでもちんぷんかんぷんだと思います。
内容物はどうであれ、着目すべきはそのサイズです!
まず、人間を構成しているのはひとつひとつの細胞です。この細胞ひとつの大きさが約10マイクロメートル、ウイルスはさらにその1000分の1の約10ナノメートル程度という大きさで、見ようとすれば普通の顕微鏡では見られなくて、電子顕微鏡という特殊な顕微鏡を使わないと見られないくらいのサイズなのです。
よくテレビ等でウイルスの形を見かけますが、あのへんてこな球体を見ようとどんなに目を凝らしても肉眼では全く見えません!
要は小さすぎるのです。ということは、踏みつけようとしても、靴の隙間、なんなら誇りの隙間程の空間があれば、それはウイルスにとっては高層ビルの間にいるようなものなのです。ウイルスからすれば、都心のビルの谷間の底に佇んで空を見上げて、そのビルの上に人間の足が乗っている状態ですね!
なので、踏みつけようといくらもがいても踏めないのです。
そして、その小ささゆえに唾液などの飛沫によって飛び散ったり、空気が乾燥して湿度が低ければ飛散してしまうのです。
そこで有効なのが不織布のマスクなのですが、これだけではやはり完全にウイルスを防ぎきれません、手洗いや他の予防策も合わせて行う事で感染拡大を防ぐことが出来るのです。
もちろん小さいが故にありとあらゆるところに付着して運ばれますし、それを目や鼻や口の粘膜から取り入れれば感染するわけです。
また、ウイルス自体は自分で栄養補給して生きていく事は出来なくて、感染を起こして人や動物の細胞の中で自分自身を複製して増えていきます。
つまり、感染拡大する前に特定の地域だけの流行でとどめてしまえば、ウイルスには足がついているわけではないので、どこかにひとりで行けませんから封じ込めが出来るわけです。エボラ出血熱等が封じ込められてパンデミックにならなかったのはそのためです。
今回のSARS-CoV2に関しては、初動の感染防止に失敗してしまった事によって全世界へとパンデミックしてしまった訳ですね。
ウイルスは人類が始まるよりもはるか昔から存在していたと言われていますので、ある意味では世界最強の敵なのです。

ここ最近はコロナ感染は少し落ち着きはじめてるみたいですね もう少し自粛を頑張らないと

No title

Dr.Kさん

さすがにチンプンカンプンでしたが、
二度読み返したところで、なんとなく見えてきました。
僕のイメージでは、コロナのトゲトゲの手が、上からのしかかる靴を必死に持ち上げて、
( ‘-‘* )))ヨイショッ ( ‘-‘* )))ヨイショッと、圧死しないように踏ん張っている姿を想像していました。
もしくは、一度ペチャンコになっても、また再生するアメーバーのように・・・、
まるで映画に出てくるようなシーンを想像していました。
Dr.Kさんにとって、この空想は笑ってしまう話ですね!

なるほど。
そんなに想像もできないほどの小ささなら、靴底は隙間だらけというわけで、
目に見える世界だけで考えている僕は、なんとあさはかでしょうか。
こんなど素人の僕の疑問におこたえしていただき、ありがとうございます!

それにしても初期対応を誤ると、世界じゅうがこんなことに・・・。
もし、その時キチンと対応出来ていれば、と考えると、やりきれない気持ちになりますね。

No title

赤なまこ さん

まったくです!
ウィズコロナと言ったり、ゼロコロナと言ったり、
コロコロ変わってます。
あとはワクチンだけが頼りですね

No title

私も正直わかりませんが、全体的に感染者が減ってきている感じなのでいい方にかんげる事にします
テレビを見ても毎日毎日コロナで始まってコロナで終わるさすがに飽きました
嫁が基礎疾患アリアリなので出かけるのはさすがに怖くてほとんど遠くに行っておりません
そろそろ終わってほしいです

なるほど!kenさんのその発想も素晴らしいですね♪
医学の実験や研究も、そういう発想から仮説を立てて、それを実験を経て立証していくという手順で確立されていきます。
自分のように既に知識が凝り固まっている人間よりも、柔軟で自由な発想が出来る人の考えの方のほうが新たな発見があるかも知れません!(笑)
(σ・ω・)σヨイショ(σ・ω・)σヨイショは新発想で面白いです♪ぺしゃんこ復活理論も面白い♪
( ≧∀≦)ノ(笑)
今回のウイルスの発端が本当に中国であるなら、その初期対応を間違えた責任は重いです。ウイルスを最初に報告し亡くなったた医師を拘束したり、隠蔽しようとしたこと、WHOの査察をすぐに受け入れて行わず、これだけ時間が経ってから全てを処理し終えた状態で査察を受けるというやり方、トランプが怒っていた事は決して間違いではないと思います。果たしてバイデンはどこまで中国とやり取り出来るのか、ひとまず静観しておきます。
全世界における社会全体の経済的損失の大きさに人々はいつ気付くのでしょうか?

感染者数は検査数と連動してないみたいで、ホントの感染状況がわかりにくいです。
でも、緊急事態宣言中といえほとんどみなさん変わらない生活(外職と飲み会、旅行はしてないでしょうけど)で沈静化に向かっているのはいいことだと思います。
でも、去年もこれでお花見の頃にみんな浮かれて感染者数が増えたので緩めるとまたおかしなことになるかもしれません、

No title

こんにちは!
kenさんとDr.Kさんはレベルが高すぎでついていけませんが、僕もそう思います。
間違いなくコロナの知識は新聞やTVより
kenさんのアドバイスが為になります。


No title

カラスさん
それは心配ですね。
そういった疾患のある方を優先的にワクチン接種させてもらいたいものです。
それまでは、流れ玉に当たらぬよう気をつけてください。

No title

Dr.K さん
僕はどちらかと共和党支持者です。
民主党が政権を取るとアジア情勢をドライに対処する傾向があるんですよね。
その辺りを危惧しております。
今の中共の台頭をみると、日本の情けなさが露呈します。アメリカ頼みになるでしょうが、中共は一度潰さないといけないと思いますよ。
あんなデタラメな国は世界にとって害。
中共はナチスと、そして現代のノースコリアと変わらないと思います。


No title

文華 さん
だといいですけど。
実際に減っているかどうかはわかりませんね。
あとはワクチンに期待して、
順調に接種が進み、年末には元の生活が送れると、ホントいいですよね
オリンピックはスッタモンダしてるから、もう1年延期して。そんなことしたら怒られるかな~

No title

ちゃる さん

あはは。僕のレベルはド素人レベル^^
Dr.K さんは医療従事者ですから、さすがに詳しいですね。勉強させて頂いてます。

飛行機で、空から消毒剤を散布したら一気に感染者は減るのでは?と真剣に思ってるぐらいですから(笑)

kenさんのおっしゃる通りだと思います!
中国の海洋進出もそうですし、今の中共を野放しにしておくのは本当に良くないです!
やはり民主党よりも共和党の方がしっかりとアジアと向き合ってくれる感じが強いですよね。トランプを悪者のように言う人も多かったですけれど、トランプは真剣に社会全体の利益を追求しようとしてくれていたと思います。中国からのお金に尻尾を振っているWHOを切り捨てる潔さは見ていて痛快でした!バイデンはすぐさまWHOを拾いましたけれど…。そもそもWHOがもっと強気で中国国内でウイルスを封じ込めたら良かったのに、それをしなかったのが今回の敗因でもあります。WHOにはもっと責任ある行動をしてもらいたいものです。
あっ、皆さんのなかで自分のコメントを見て下さる人がいることに感謝を申し上げるとともに、皆さんの参考に少しでもお役に立てれば幸いです。
kenさんの空から消毒薬を撒くのも素晴らしい発想ですね♪それはまさに雨の事です。
空から降る雨は、湿度を上げてウイルスの飛散を抑止し、さらに街への人出を減らし、傘でソーシャルディスタンスもとれるので天然の消毒液のようなものです!定期的に天候が崩れて雨が降って湿度が上がるのは良いことですよ!部屋を加湿することでもウイルスの拡散を防げます。
空からアルコール撒いたらみんな酔っ払って千鳥足になりそうですね(笑)

No title

Dr.K さん
雨が降る日は客足が鈍る。という話は飲食店の方からよく聞きます。
なるほど、雨は多くの意味で感染対策に効果があるのですね。
日本特有の気候、梅雨という季節にも期待がかかります。
僕の日記は、毎日たくさんの方が訪問していて、日々1万回ほどのアクセスがあります。
従ってDr.Kさんのコメもたくさんの人に読まれているわけで、僕と同様に勉強になっている人も多いのではないでしょうか。
ここを読まれている多くの方のためにも、情報発信を続けて頂ければと思います。
いつもありがとうございます!


おはようございます。
ゆうべの地震Kenさんは大丈夫でしたか?

あの大震災での死ぬかもしれないと思ったことを、鮮明に思い出すくらいのこっちは揺れでした。

コロナも恐いですが、突然起きる地震のほうが恐いです。
津波がなかったのがさいわいです。

どうかKenさんも気をつけてくださいね。

No title

K さん
ちょうどレス入れている時にゆれましたね。
はい。こちらは全然大丈夫です。
いまだ余震があるのですね・・

なるほど

ウイルスってそもそも、マイクロ的なもので目には見えず、踏みつけてもつぶれないのかも?

アルコールでたんぱく質の殻が破れるのだけど、日本はなぜ、アルコールを町中に散布しないのか?
中国とかは散布しているが、日本はなぜ?
けんさんの言うように靴底についてるんですよ
なら、町中の散布したら、ウイルスは死滅するのでは?

フェイスシールドも少し考え問だと私は思います。
前には出なくても、上、下からでるではないですか

どうなんでしょうか?

No title

レインさん
>町中の散布したら、ウイルスは死滅するのでは?
僕も同じようなことを想像してました。
アメリカでは飛行機から農薬まいてるんですよ。
その延長ですね
フェイスシールドは顔の表情がわかりますからいいですね。でも感染対策にはあまり効果がないようです。しないよりはマシっていう程度らしいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ken&はな

Author:ken&はな
はじめまして
1962年生まれ。現在57歳の仲良し同級生夫婦です

カテゴリ

フリーエリア

:

オンライン

現在の閲覧者数:

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
293位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
10位
サブジャンルランキングを見る>>