FC2ブログ

記事一覧

つづき 5

Kさんは僕の東京案内人。
電車に乗っていろんな場所に連れて行ってくれた。
原宿、六本木、渋谷、赤坂、目白、
見るもの全て新鮮で、人の多さに、ビルの高さに、
そして洗練された都会の雰囲気に、
田舎者の僕はいちいち驚かずにはいられなかった。
Kさんは赤い軽自動車を持っていた。
彼女の運転でお台場13号埋立地にドライブもした。
初めて走る首都高。
車を運転するKさんは、ほんの少し前まで高校生だった僕にとって、
たいへん大人に見えたし、頼れる存在でもあった。

その日の夜。僕たちは車のなかにいた。
東京湾岸一帯が見渡せる場所。
レインボーブリッジができるはるか以前のことだ。
Kさんにキスを求められた。
僕がはじめて経験したキスだった。
いきなり舌を入れてきた。
びっくりした。
キスというのはそういうものか
ただただびっくりした。

親もとを離れて初めての一人暮らし
見知らぬ土地、大都会東京
大学生になった自分
ほんのわずかな時間のなかで、めまぐるしく一度にたくさんのことが起こり、
僕は毎日が現実のことなのか、夢なのか
自分の取り巻く環境の変化に翻弄される日々だった。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

大人になる

kenさんの青春物語
わくわくしながら、読んでいます。
18歳の時代、うぶで、純真で、世間知らずで・・・、今から30年も前だものね。そんな時代もあったけど・・・。。。

当時、異性に慣れてないkenさんにとって、衝撃的な展開でしたね。
年上の人...大人を、感じたでしょう。
一方、はなさんの事を考えたら...
さぞ、つらかったですよね。
生きる事、悩む事、青春時代...
じ~んと、きます。
じんときます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ken&はな

Author:ken&はな
はじめまして
1962年生まれ。現在57歳の仲良し同級生夫婦です

カテゴリ

フリーエリア

:

オンライン

現在の閲覧者数:

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
252位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
10位
サブジャンルランキングを見る>>