FC2ブログ

記事一覧

僕にセフレがいた理由

僕はある衣料品メーカーのモデルをしていた頃から、
性活は怠惰なものへと変貌していった。
女友達が増えた。毎日のように僕はいろんな彼女たちとセックスをした。
まさしくセックスフレンドに囲まれた性活だった。
ほんの数日前に知り合ったばかりの彼女とも、身体の関係になった。
いったい何人の彼女たちを抱いたのだろう。
とうに3桁はいっているが、その正確な人数は検討もつかない。
当たり前のように、セックスするだけの女友達とドライブしたり、
旅行にいったり、身体を委ね合ったり・・・、
そんな日常のなかで僕は妻に再会した。
それが長年にわたり、乱れた性生活と決別した瞬間だった。
最初から相性だけの希薄な関係は、電話一本だけで別れることができた。
ところがどうしても別れてくれない彼女がいた。
その彼女は人妻だった。
しだいにストーカー化していく彼女に、僕は妻を会わせることにした。
まだ結婚前だから、正確には妻とはいえないが、3人で話し合った。
僕はセフレとの関係をすべて断ち切るために、妻の力を借りた。
妻は最初、僕のあまりに怠惰な性生活に呆れた様子だった。

「ごめんね」
「さびしい思いをさせてごめんね」

なぜ僕がそうなったか、
という主因に自分の存在があったからだということを理解するまでに、それほど時間はかからなかった。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

けんさんの魅力

ただただ けんさんの溢れる魅力に回りの女性を惹きつけてしまうのでしょう
けんさんを見習い、もっと自分磨きをして男の魅力をつけたいです。

代わりを求めて彷徨う

はなさんで埋まらない穴をはなさん以外で埋めようとしたのですね。
だから、女性と身体を重ねても「違う・・・。また、違う・・・」と、次々にはなさんの代わりになるかも知れない女性を捜して彷徨っておられたのでしょう。

でも、はなさんの代わりなど見つかりっこないですものね。

そのはなさんが、自分のモノとなった時、それ以外の女性に価値を見つけることなど出来ない。
それならさっぱりと別れられたはずです。

No title

ひでのりさん。
ちょっと誤解があるかもしれないですね。
モデルの仕事をしていると、そんな環境になるのはごく当たり前です。
カメラマン・・。しかもプロのメイクさんの技術もあります。現実の自分ではないパフォーマンスがそこにはあります。
そんな複合的な作用により、僕はぼくでない僕が作られていきました。

No title

慎太郎さん
まさに当時の僕の気持ちを代弁していうかのようなコメントです。
僕は帰るべきところに帰りました。
それはきわめて自然な現象です。

No title

こんにちは。ヽ(^o^)丿
モテモテですね(^_-)-☆
そのツケです(#^.^#)
仕方ない!

No title

おはようございます。
けんさんにとっても、おくさんにとっても、
苦い思いてですよね。
時間が経ったら、いい思い出かもしれないですね。
今が、すごく幸せそすで羨ましいです。

No title

はっきり言おうあなたは悪人だ。変わらないものなど
ないし確実なものなどない。それは相手も同じこと。
決して盲目にはにはなりきれない、人間だから。永遠に愛する努力をするしかないですね。

コメントの投稿

非公開コメント