FC2ブログ

記事一覧

消したい過去


来週、妻は僕の母校に行くことになった。
僕はなんとも複雑な思いで訊ねる。「へー。それで、どこへ行くの・・?」
行くのは東大・一橋・早稲田・慶応・上智 この五つの大学だ。
それをきいて、僕は奈落の底に突き落とされるような気持ちになった。
特に僕の母校には行ってほしくない。

たった一度だけ、僕たちは一緒に行ったことがある。
37年前の冬。受験の日。
あの日のことは、忘れたくても生涯忘れることのできない日となった。

僕は受験戦争の勝者でありながら、希望を捨てた世捨て人のようになってしまった。
彼女を拒絶した大学。
僕は恨んでいたし、今も恨んでいる。
大学の構内に彼女の姿を見出そうとしても、悲しい影しか見つからなかった。
僕たちを引き裂いた場所。それが母校なのだ。

ほんのちょっとしたことで、明暗を分けた。
彼女は「おめでとう」の言葉を最後に、僕との一切の関係を拒否した。
それは彼女が悪いわけではない。
ほんのちょっとした運がなかっただけ。
僕は怒りや寂しさを、母校にぶつけるしかなかった。
自暴自棄になってしまうしかなかった。
僕たちの未来を潰した。それが母校なのだ。

僕以外の大半の学生にとって、憧れのキャンパスであろう。
今になって訪れるキャンパスは、妻はどんな風に見えて、
なにを思うのだろうか。僕は知るよしもない。
ただどんなに寂しく、悲しい気持ちで4年間を過ごしたのか
妻にわかってほしい。
できれば、その場所には行ってほしくない。
早稲の田んぼに希望の風など吹かなかった。
現実という重々しい冷たい風しか感じなかった。


スポンサーサイト
[PR]

コメント

No title

Kenさん心配ですよね。
でも奥様はどう思っていらっしゃるのかな?
案外、『大学よ、あんたに邪魔されても私は、Kenさんと結ばれたぞ!』なんてね。

No title

それでも女性に囲まれたキャンパスライフを
過ごされたのでは?(*´-`)

今が幸せならいいと思います♪

No title

若かりし頃の消し去りたい過去を思い出すのは、
辛いですね。
それをけんさんが乗り越えられて、現在があるのに
悲しい気持ちが蘇るのは、憂鬱になりますね。
はなさんには、どんな思いがあるのでしょうか?

No title

こんなつまらない記事にもお付き合いくださり、ありがとうございます。

No title

本当にせつない過去は、いつおもいだしてもつらいものです。拒否されてから復縁までの年月は存じませんが、これからも愛し合っている姿をご提供ください。

No title

過去は 変えられないものでも

でも 辛い想いでも いつまでも辛い訳じゃない

子供達は 今の自分を越えていくものでしょうから

ken&はな さんの御子息も 新しい希望に歩まれているんでしょうから

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ken&はな

Author:ken&はな
はじめまして
1962年生まれ。現在57歳の仲良し同級生夫婦です

カテゴリ

フリーエリア

:

オンライン

現在の閲覧者数:

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
252位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
10位
サブジャンルランキングを見る>>