FC2ブログ

記事一覧

僕の自慢話

今夜はイタリアンパスタをつくってみた。独身の頃はよくつくった料理。久しぶりに・・・、今回は鉄板熱々です!あまり美味しそうに見えないかもしれないけど、妻には好評だった^^...

続きを読む

新春 妻撮影会について【パス限定者のみ】

続きを読む

出会い系サイト

コーヒーショップにて。こんな新聞広告を見つけた。世の中、熟女ブームであろうか・・・。50代の女性との出会いを求める男性に向けた広告だった。妻に、この出会い系サイトに登録してみたら^^?と言った。「後で電話してみる^^」と妻。もし妻がこのサイトで見知らぬ男性とで出会ったら、どうなるのだろうか。ふとそう思った。相手の男性は、間違いなく妻にモーションをかけてくるだろう。なんとか妻とエッチまで持ち込むべく、...

続きを読む

初詣

さすがにこの時期になると神社はすいていた。ふたりで願い事を書いて、袋にお賽銭と一緒に入れた。ふと神社の入口付近から、街の様子が見えた。あれはなんだろう。遠くの丘に、ペニスのような建物が見えた。...

続きを読む

現在の妻の姿

パス以外の方一枚だけ、おすそ分け...

続きを読む

誘って

続きを読む

黒い味噌スープうどん

この冬一番の寒さを感じた。寒かったぁ身体が芯まで冷えてお腹もすいたしなにか暖かいものちょうど駅の地下街に、ご当地名物「味噌うどん」の店があったのを思い出した。同僚から、有名な店であちこちに店があるのを聞いているが、僕はまだ行ったことがない。決まった。また黒い味噌だ。あったかい黒い味噌スープうどん初体験。よし。チャレンジ、ここで暖まろう。...

続きを読む

寒い 

青空。快晴の天気だけど寒い天守閣に登っているあたりは遮るものがないので猛烈な風が吹いている景色は綺麗だけどウオオオオオオオアアアアアアアアアアアアアアアアアア\( ‘ω’)/ 寒い...

続きを読む

極上のデザート

続きを読む

味噌カツ初体験

まだ暗いうちに家を出て、ある地方都市へ。このブログのパスを知っている、ある方のおススメの店。とんかつに黒い味噌をかけて食べる、この地方ならではの名物料理だ。最初から味噌がかけてあるのかと思ったら、店の店員が目の前で味噌ソースをかけてくれる仕組みになっていた。もっとコッテリした味噌をイメージしていたが、わりとサラサラした、ソースのような感じだった。しかも味噌の色が黒い・・・。いろんな土地柄の風習があ...

続きを読む

さあ、とっとと帰ろう

今日は会社の新年会。だけど僕は行かない。どうもこういう無駄で無意味な呑み会をしたがる連中がいる。つい先日、忘年会をしたばかりだというのに・・・。僕が飲み会に出席するかどうかは、一部の同僚は注目している。それと言うのも、妻を呼んでほしいからだ。彼らのお目当ては、僕ではなく妻なのだ・・。バカバカしい。妻からライン。下着が蜜でいっぱいだ。排卵日。妻もしたがっている。新年会なんぞに行くわけにはいかないだろ...

続きを読む

妻撮影会 7

続きを読む

新春 妻撮影会

来週実施の妻撮影会でご覧の2つのアイテムでやろうかと思います。以前、皆さんにどれが似合うかというヒアリングをしました。いろいろなご意見、ありがとうございました。もちろん参考にさせて頂き、妻の意見も尊重しつつ、チョイスしたものがこの2点です。似合うかどうかはわかりませんけど・・お楽しみに。...

続きを読む

ひと月ぶりに、あの森へ。

ひと月ぶりに、あの森へ。ゆうべは、夜中の3時過ぎまで妻とえっち・・・。普段のお淑やかな女が、ゆうべはメスに変身。ものすごい勢いで僕を求めてきた。僕も思っきり妻を求め、ふたりで快楽の世界をさまよった。4度目に放出する直前、妻を失神させてしまった。流石に僕も・・最後はフラフラになった。あさ起きた。時計を見たら午前10時。気分転換をかねて、ふたりでいつか行った森へ。たったひと月の間に、ずいぶん冬のたたずまい...

続きを読む

ご質問(ご批判?)に対する答え

質問と言うべきか、批判と言うべきか・・。とりあえず悪意はなさそうなので、こちらに回答することにします。回答と言っても、自分の、あるいは私達ふたりの気持ちの部分なのかもしれない。「なぜ大切な、愛する人の裸体をアップ公開するのか」という内容だ。そんなことをするのは理解できない。という批判も文章に含まれている。これについては、過去の日記にも触れている。僕は妻を愛している。何もいらないほど、僕自身、妻はす...

続きを読む

言論の自由とは何処へ

つい2ヶ月まえ、UFOを撮影した写真をアップしたばかりだ。それなのに今日、またもやUFOを目撃。自宅のベランダから2ヶ月前とは違うかたちの飛行物体を見た。南の空、ちょうど三軒茶屋あたりの上空に、ジグザグにゆらゆら、風に吹かれた木の葉のように飛行する物体を見た。しばらくそんな飛行を続けた後、ものすごいスピードで上昇して、すぐに見えなくなった。今回はカメラを持っていなかったので、撮影できず残念。。。前回はバッ...

続きを読む

正月からマックの揚げたて

僕たちの密かなブーム。それはマックの揚げたてポテトだ。「お昼はどうする?」妻に訊ねた。それというもの、モーニングエッチを2度もして、愛し合っていたので朝食は遅め、お昼にはまだそんなにお腹が空いてなかった。「マックの揚げたてがたべたいわ」僕たちは意見が一致した。こうした意見が一致することは、不思議といつも日常のことで、何が食べたいか、という問に対して、いやそれだけでなく、何がしたいかという、ごく日常...

続きを読む

年末の妻撮影会の模様

続きを読む

皆さんはどう思いますか。

ここんとこ無かったのですがまた妻のモテぶり?妻の職場のある男性、Yさん。仕事が終わって帰ろうとすると、駅まで一緒に。。と妻のところへ駆け寄る。「撮影現場のいろんな話をしたい」とYさん。ちょくちょく、ふたりで外で会おうとお誘いを受けている。でも妻は、その度に当たり障りのないようにお断りをしている。彼、Yさんに下心があるかどうかは不明だ。今のところ、一線を超えたお誘いはされてはいない。ところが年末に、Yさ...

続きを読む

私たちからの年賀状です

新年、明けましておめでとうございます。皆様はどんなお正月をお過ごしでしょうか。私たちは久しぶりに電車に乗って秋葉原まで来ています。ちょっとお買い物です。そのあと、これはまた久しぶりに大学時代の友人に会います。こんな感じの、ゆっくりまったりの年明けです。ささやかながら私たちからの年賀状・・。本年もよろしくお願いします。...

続きを読む

今年1年ありがとうございました。

今年もあとわずか・・今日は朝から、苺のケーキとブドウのケーキをふたりで作りました。そのケーキが年越し蕎麦の代わり。そんなヘンテコな家庭は我が家ぐらいなものだろう。今までご覧くださり、暖かい声援コメント頂いた皆様ありがとうございます。くる年が、皆様にとって幸せな年になりますように・・・。...

続きを読む

現在の私達の姿

続きを読む

フルサイズ

友人のカメラを見せてもらった。なんとフルサイズを10万ちょっとで購入もちろん中古ではない。新品だ。キャノンのEOS6Dフルサイズが10万円台、しかも前半で買える時代なのかぁ・・今まで僕はフルサイズの一眼レフを買ったことがない。それはどーしても越えられないカベがあったからだ。値段が高い。重い。デカイ。交換レンズがイチイチ高いし・・フルサイズはプロが使うもの。僕のような素人はAPS-Cで十分。そういった概念が確かに...

続きを読む

妻撮影会 6

続きを読む

非公開設定のコメントの対応について

非公開設定のコメントは基本的にスル~しています。他人に内容を知られたくない意図があると思いますので。また、非公開設定のコメントに質問事項を書かれる方がいます。これについても、内容に触れずにお答えすることはとても難しい・・。っていうか不可能です。なので基本スル~しますのでお願いします。...

続きを読む

クリスマスプレゼント

続きを読む

秋の思い出

ぬくもりの森の写真を観るこの写真を通して思い出すことは、浜松インターまで、運転しながら3度も抜かれたことだ。さすがに3度も精子を出すと、バテバテになる。三度目の精射は一滴出るかどうかという状態だった。現地に着く。駐車場に車をとめて外へ出ると、まともに歩けないほど下半身が麻痺していた・・...

続きを読む

ぐっしょり濡れた妻の花びら

続きを読む

妻撮影会の様子

続きを読む

【新年会のお知らせ】 2

続きを読む

【新年会開催のお知らせ】 at お台場

続きを読む

妻撮影会 5

続きを読む

セフレの作り方 2

友人に「セフレってどうやって作るの」と聞かれた。「おい、ちょっと待ってくれ。」「僕はセフレなどいない。」そんな会話のやり取りをしながら、彼に話したこと・・。僕が心がけていたことは、相手の女性に十分に満足してもらうことだ。ただひたすら奉仕。奉仕あるのみ。徹底的にサービスして気持ちよくなってもらう。初めて抱く相手なら、なおさらだ。 こちらが気持ちよくなろうなんて考えは捨てて、相手の女性に奉仕する。お姫...

続きを読む

動画 再度公開します。

ご覧になりたい方が観れてないようなので、再度。http://video.fc2.com/a/content/201607211FqNAHEe/「私達夫婦のセックスの一部始終.」 動画しばらくの間、公開します。まだご覧になっていない方がいましたら、どうぞ・・なおお昼には削除しますので予めご了承ください...

続きを読む

皆様のご意見お願いします

先日はパスについて、多数のご意見ありがとうございました。それ以来、ちょっと変わった現象が起こっていまして、クリックが多いページの上位はすべて画像になっています。これまではこういった現象は一度もありませんでした。多分・・画像を保存しているのでしょう・・ご自身だけで楽しまれるならまだしも、それだけではないのが残念です。なかには他サイトに転用するための行為も含まれていると思います。そこで皆様の声を参考に...

続きを読む

「私達夫婦のセックスの一部始終.」 動画中

とある方から、どうしても観たいと熱烈なリクエストがありましたのでhttp://video.fc2.com/a/content.php?kobj_up_id=201607211FqNAHEe「私達夫婦のセックスの一部始終.」 動画しばらくの間、公開します。まだ一度もご覧になっていない方がいましたら、どうぞ・・なおお昼には削除しますので予めご了承ください...

続きを読む

セックスが嫌いな国、日本

衝撃的な事実。年代別のセックス回数、なななんと20代で月平均4回・・・。1日でのデーターではないか、はたまた1週間ではないかと疑ってしまった。1ヶ月、そう・・30日間で。日本の若者はどうしたのだろう。世界的に見ても極端に低い。いや・・30代で3回。50代になると1回あまり。。なんか悲しくなってくる。僕が20代の頃は、たくさんのセフレ達がまわりにいたこともあり、1日で4回などザラだった。多い日は10回以上。こうなるとも...

続きを読む

ちょっと早いサンタさん

ちょっと早いサンタさんこれはホテルのレンタル衣装期間限定だったので借りてみた。すごく綺麗だった。それに可愛い・・僕は夢中でシャッターをきった。きりながら、だんだんペニスが硬くなるのがわかった。パスを発行してない方にも、おすそ分けの一枚。...

続きを読む

パスワードについて ③

近いうちにブログ全体にパスワードをかけようかと思っています。それは今までは記事ごとにパスをかけていましたが、これからは入口のところでパスをかけて、悪意のある方を完全に排除するという意味です。皆様、どう思われますか。ご意見ご要望ありましたらお願いします。*ご意見交換の場とし、出来れば非公開ではなく、他の方も読めるよう公開設定でお願いします。...

続きを読む

餃子Now

人生2度目の三重県上陸なるもあいにくの雨模様。午前中の交渉は決裂。。。まあ。あまり良い条件ではないので、かえって良かったと思うようにしよう。ただ、今まで動いてきたスタッフには申し訳ない。というわけで、僕たちはある地方都市にいる。ここに来たらぜひ!とお勧めの餃子屋さんに来た。駅前の雑居ビルの一角にその店はあった。すぐに見つかった。う~~ん。これは美味い。都内でもこんなパンチのきいた餃子は滅多にないだ...

続きを読む

妻撮影会の様子 その2

続きを読む

パン屋から

美味しいパンと言ったらこの店しかない。お目当てのパンをゲット。テイクアウトして家に帰る。それにしても寒くなったね。。...

続きを読む

新婚さん?と訊ねられた日

木製の赤いテーブルの前に座った。まだペンキの匂いがほんの僅かだけした。僕はなぜ生まれてきたか。その答えは明白。僕の楽しみは何か。それは妻と過ごすこと。なによりもかけがえのない大切な時間。僕の一番大切な時間は何か。それは妻とセックスする時間。僕はいつも・・・。妻は僕の夢の鏡。秋がもたらす寒気も、妻と一緒にいればたちまち居心地がいい世界に変わる。たった1日の内に、100の違う姿を見せる。妻を愛すること。そ...

続きを読む

昨日の妻撮影会の様子 その1

続きを読む

明日の鑑賞会&撮影会、実施のお知らせ

続きを読む

パスについて

パスワードをご用命の皆様へいつもご覧になって頂きましてありがとうございます。最近、多くの方から、パスを教えてほしいとの内容のメッセを頂きます。その方全員に返信するのは不可能なので、こちらで回答しますね。はじめまして、の方で自己紹介のないものは考える余地はありません。論外ですね。こちらもモザイクなし等、いろんな意味でリスクをおかしています。勝手に妻の画像を他のサイトに転用されている事実。これに対して...

続きを読む

妻撮影会4

続きを読む

セックスフレンドから学んだこと

セフレ7人が限界。これが僕の持論だ。7人と言っても、コンズタントに均等にセックスするわけではない。ほぼ毎日のときもあれば、なかには数ヶ月、間が空くときもあった。7人のセフレが常に常駐している。これが僕のスタイルだった。なにも意図として7人に拘っていたわけではない。1人減ると、不思議とどこからともなく1人増える。そしてもう1人増えて8人目のセフレができると、たちまち既存のセフレが1人去っていく。撮影が終わっ...

続きを読む

目を閉じて

小春日和の午後、妻と森へ出かけた。紅葉の季節も終盤。何を期待するわけでもなく、ただあてもなくフラリと。「目を閉じて、」と妻が言った。「絶対あけちゃダメよ」しばらく僕は目を閉じていた。木の葉が風にゆらいで地面に落ちる音。鳥のさえずり。普段は気づかないでいる音が聞こえた。子供の頃に体験した遥か彼方昔、少年だった僕が野山を駆けずり回った頃の記憶が蘇ってきた。...

続きを読む